管理人の話 運転

私が新しい車に乗る時に、車幅感覚をつかむ為にしている事!!

更新日:

車幅感覚を掴むのって運転する上で、結構大事ですよね!
運転中、色々な場面で車幅感覚が必要になってきます。

 

 

 

【車幅感覚】をなるべく早く掴む為に、していることがありますので、ご紹介します♪
簡単ですので、車幅感覚がつかめていない人、苦手な人に参考になればと思います。

 

 

 

 

車幅感覚をちゃんと掴みたい!と思ったきっかけ

私がこれまで乗ってきた車は、免許を取って初めて買った「ラパン」
旦那さんの車の「プラド」。
現在の私の車「X1」です。

 

 

 

 

見てもらえば分かると思いますが、全てサイズがバラバラです。

 

 

 

 

特にラパンを乗っている時に、旦那さんはプラドに乗っていたので、私がプラドを運転することが、よくありました。

 

 

 

当時サーフィンをしていたこともあり、運転する機会が多くあったんです。

 

 

 

 

 

でも普段ラパンを運転している私は、時々プラドを運転すると、かなりのサイズの違いに苦戦しました。

簡単に言えば、おもちゃのような車から、トラックに乗るような感覚で、初めは「私なんかに運転できるんだろうか??」と不安でした・・・。

 

 

 

 

でも車幅感覚を掴む為に練習すると、私でも楽勝に運転できるようになったんです!!

 

 

 

 

旦那さんの選んだ「大きな車を運転しなくてはいけない」と言う方も多いと思います。
そう言った場合、車の大きさに慣れるまで、かなり運転が不安だと思うんです。

 

 

 

 

慣れてしまえば結局なんでも同じなので、その慣れるまでの期間を短くしたかったんです。

 

 

 

そんなに大したことではないのですが、やるとやらないのでは結構違うと思うので、参考にしてもらえると嬉しいです♪

 

 

 

【簡単】たった3つで大きな車もへっちゃらになります!!

これは運転が上手な旦那さんに、教えてもらった方法なのですが
たった3つですので、ぜひお試しください♪

 

新しい車に乗ったらまず、誰かに、車の前の車体ギリギリに立ってもらいます。

  1. 同じように角にも。

こうすると、「あ!前部分はこのくらいなんだ!」と実感することができて、
狭い道の右折左折時や、車間を詰めなくてはいけない場合などに、とても役立ちます。

そして、自分の車の大きさも分かってくるようになります。

 

 

 

 3. 人通りの少ない道で、白線・電柱などを使い、寄せてみる!

これが一番、車幅感覚を掴む上で重要です。

 

これを何回かやってみると、確実に車幅感覚が上がります!!
私はラパンとプラド、両方運転していましたが、この方法で確実に車幅感覚を身につけました。

 

 

2、3回ギリギリまで寄せてみると、大分感覚が分かってきます。
ミラーを擦ってしまわないように、気をつけて、慎重に行ってくださいね!

 

 

「明らかに通れる道幅があるのに、先頭1台が通れず、後ろが詰まってしまっている・・・・」
そんな車をよく見かけます。

 

 

 

無理に通る必要はないですが、明らかに通れる道幅の場合は、後ろの人に迷惑がかかってしまい、運が悪いとクラクションを鳴らされたり・・・・
なんてこともあり得ますから、自分の車の車幅感覚を身に付けることに損はないと思います!!

 

 

運転する上で、車幅感覚って大事だなと思うので、皆さんも参考にしてみて欲しいです♪

 

 

-管理人の話, 運転

Copyright© 輸入車大好き主婦のブログ|CAR-Love , 2021 All Rights Reserved.